大好きで大尊敬するおかんへ

おかんが天国にいってもう3年だね。

長いようで早かったよ。

何年も癌と戦ってきたおかん。
きっと私が思う何倍も何倍もしんどくつらかったよね。

正直28歳で親の介護やオムツ交換するなんて、、、

って思ってもみない現実だった。

受け止めたくない。
家に帰りたくない。
って思った事もあった。

本当にごめんね。

後に、病院に入院する事になって
私も一緒に入院生活を送れた事
大変だったけど楽しかった!

仕事終わるのが遅い日も待っててくれて、
病室で2人でコンビニ飯を食べながら
話せた時は幸せだった!!

絶対におかんは
「今日の晩御飯なに?と覗いてきて
しゃーねーな!食べてあげるわ!」って。

おかんのその食欲とおしゃべりは
私の安定剤でもあったよ。

今日もいつものおかん。最高!って。

ある日、仕事が終わり病室に向かう途中に
私は呼び止められ、

「先生から話があるけど予定はどう?」

って聞かれた時、私はサッと感ずいたよ。

おかんには言えない。と、
病室に入る前に一呼吸置いて何事も
なかった様にいつもの私で。

でも母って偉大だよね。

気づいてたよね?いつものおかんと
違った。

もちろんいつもの私でもなかったんだよね。

余命3ヶ月。

伝えられなくてごめん。
おかんに伝えてしまったら
諦めた事になるから。

私は一人っ子で誰もが認めるお母さんっ子。

おかんがいなきゃ生きていけない。

1人で生きて行くのは無理。

毎日泣いて毎日格闘して。
でも少しずつ受け止めていく。

そんな私も今は31歳になって
結婚して子ども授かりました。
今は2人目を妊娠してます。

一人っ子だった私は、昔からおかんに
子どもは多い方がいい!と何度も言われ
た事を思い出すよ。

そして、おかんの偉大さを自分が
おかんになって知る事ができた。

おかんがいなくなって強くなれた。
結婚して母になってもっと強くなれた。

おかんみたいなおかんになる!
私が尊敬し愛するおかん。

これからもずっと大好きだよ。

大好きなおかんへ。

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

利用規約 に反する書き込みは掲載できません。
コメントは運営委員が確認した後反映されます。

あわせて読みたい お坊さんのことば