母方のおばあちゃんの夢

昨年冬に、祖母が亡くなった。

急に揉めてた叔母から知らせが入り、弱ってることを知らされた。2、3日持たないと。

試験のためお葬式にもお通夜にも出なかった。四十九日には行った。

試験は落ちた。

夢で亡くなった祖母が出てきて、花柄のお札を渡して「これで許してってお母さんに伝えといて…」と頼まれた。

天国にいた祖母は相続問題をなんとかしたかったのかもしれない。
でも現実ではまだ母も受け入れられていない。

母方の家は、売り払ってしまった。
また行きたくなる。懐かしくなる。
会いたい。

でも、もう手放していいよね。

大丈夫だよね。

なんとかなるよね。

このノートを空へ

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

さち さんに、共感や心に残ったメッセージを伝えませんか?
温かいつながりをみんなで。

あわせて読みたい お坊さんのことば