幼稚園の時の友達の死

幼稚園の時に初めて「死」を知ることがありました。
友達が母親に無理心中させられ亡くなってしまった。
最初はみんなウソを言ってるんだと思ったけど、園長先生が生徒を集めて体育館で話した時、事実だと知りました。

大人になるにつれ、その死の悲惨さを噛み締めます。
私も死にたくなるほど辛い時があるけど、その友達のことを思うと死ねません。

友達はお昼寝の時「息をしなかったら寝れるよ」と言ってたので、それをマネして苦しくなって「だまされた~」と思ったことがあります。
今思えば彼女は死ぬ前から苦しい思いを私に伝えたかったのかもしれない、理解できなかった自分が少し今は悔しいです。

父と、その子が無理心中させられた場所を見に行ったことがありました。
綺麗な川で、でも落ちたら確実に死んでしまう場所でした。

時々そういう川を見に行くことがあります。
本当にきれいな川です。でも人が死ぬために行く場所ではなく
人が美しいなと眺められる、自然のありがたさを感じられる場所であってほしいと願います。
その友達のためにも…。

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

利用規約 に反する書き込みは掲載できません。
コメントは運営委員が確認した後反映されます。

あわせて読みたい お坊さんのことば