お母さんへ

お母さんが、旅立ってから13年。
世の中は色んなことが、変わって、今また世界中大変な状況になって、この状況でお母さんが闘病していなくて本当に良かったと思っています。

この13年、お母さんの事を考えない日はありませんでした。
事あるごとにお母さんならどう思うか、どうするか、相談したい、そんな事ばかり日常的に思っています。
それは今も。

きっとお母さんが生きていたら、今も喧嘩ばかりしていたんだと思います。
だけど、本心で喧嘩できる相手はお母さんしかいなかったから、それが出来ない今、私はいつも寂しく思っています。

そんな私をイライラしつつ、心配しているのではないかと思います。
孫の顔見せたかったよ。
大変だけど、元気にスクスク育ってます。
甥っ子も弟ソックリに育ってるから、お母さんからするときっと可愛いと思うよ!
孫が3人もいるんだよ。想像出来ないよね。
13年って、こんなにも色んな事が変わるんだね。そう思うとやっぱり寂しい。

13年経った今ならお母さんの病気は治ったのかな、とか色々おもうことはあるけど、そういう気持ちがチラつくと、考えないようにしています。あの時お母さんは精一杯生きたし、私はあんなに強く逞しいお母さんを心から尊敬しています。

私が旅立つその日まで、ばあちゃんと仲良く待っててください。

ずっと思っています。

このノートを空へ

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

のん さんに、共感や心に残ったメッセージを伝えませんか?
温かいつながりをみんなで。

あわせて読みたい お坊さんのことば