悲しくて寂しくて辛いです

18年一緒に生活してきた大好きな猫が、先日旅立っていきました。
GW明けくらいから食欲が落ちてきて、セカンドオピニオンで連れて行った病院で肝臓疾患が見つかりました。黄疸が酷く血液検査の結果も、もう治療ができる状態ではありませんでした。
主人との別居や日々の子供の世話に追われて、彼の体調の変化に気づいてあげれなかったことをとても後悔しています。
いつもいつも私のことを支えてくれていたのに、私は彼を支えてあげることができなかった。
あと数ヶ月早く気付いていたら、こんなことにはなってならなかったかもしれない。
主人との関係に耐え引っ越しなどしていなければ、もしかしたら症状が悪化することはなかったのかもしれないと、、、。
周りに色々と励ましてもらっていますが、どうしても気持ちの切り替えができません。
私はずっとずっと彼との生活を幸せだと思っていたけれど、彼が本当はどう思っていたのか。
私の子としてやってきて幸せだったのでしょうか。

こんにちは、私も昨年、今年と続いて大事な犬と猫を亡くしました。
18年も一緒にいてくれたんですね、幸せだったに決まっています。猫ちゃんは体調不良も些細なことから始まりますし、言葉も喋れないので突然ですよね。
こうやって、亡くなってからも想ってもらえる猫ちゃんは、本当に本当に幸せだったと思います。後悔しないなんてできません。でも、少しずつ、どこかで見守っていてねと思えたら良いですね。

鍵津 さん

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

利用規約 に反する書き込みは掲載できません。
コメントは運営委員が確認した後反映されます。

あわせて読みたい お坊さんのことば