ずっと一緒

家族みんなから愛されて
家族みんなを笑顔にしてくれた
君は5月の爽やかな季節にその命を終えましたね。

犬を飼う、というはじめての経験を
わたしたちにさせてくれた、愛らしい命。

長い身体に、短い手足。
優しいまなざし、黒い毛並み。
ミニチュアダックスフンドって、こんなに可愛いんだ。
みんなを夢中にさせたね。

14歳を過ぎた頃から、なんとなく心の準備はしていたけれど、、
ゆっくりゆっくり、そのときは近づいていったね。

おめめが白くなって。
お散歩も短くなって。
ごはんも食べなくなって。

ある時、ふと視線を感じて
振り向くと、君が部屋の隅にたたずんで
わたし達をじっと、見つめていたね。

穏やかな優しいまなざしで、
ひとりひとりに
まるで、『ありがとう』って言ってるみたいに。

あの時の君の姿が、本当に印象的で。
今でもはっきりと覚えているよ。

それから、数日、、
君はその命を終えましたね。
16年間の、健やかな犬生でしたね。

ぐったりとした身体を抱っこして
綺麗に洗ってあげながら、涙が止まらなかったよ。

あの時の君のまだ温かい体温も
昨日のことのように覚えてる。

だんだん冷たく
硬くなっていく身体が悲しかった。

家族みんな、どれだけ泣いただろう。

あれから4年。

今でも君の話題で盛り上がっているよ。
どんなに可愛かったか。
食いしん坊だったか。
愛しい存在だったか。

ずっと変わらない。
君はわたし達の大切な家族。

これからも。ずっと。

このノートを空へ

このノートに思いを伝える

投稿するにはログインしてください。

コメントの投稿

運営委員が確認した後掲載されます。

0/300文字

mint120909 さんに、共感や心に残ったメッセージを伝えませんか?
温かいつながりをみんなで。

あわせて読みたい お坊さんのことば